すそわきがの臭いと汗の関係

すそわきがの臭いが気になり始めるのは、入浴してから少し時間が経ってからです。

入浴

発生した直後の汗はほとんど臭いがしませんが、これは臭い物質がまだ発生していないからです。

汗をかいて少し時間を経過してからすそわきがが発生しますが、このとき雑菌も繁殖しています。

雑菌を生み出す要因となるのが汗なので、制汗剤を使用して抑えていく対策が効果的なのです。

 

毛穴を引き締めることですそわきがが対策ができるので、美容整形で治療を受ける前に自分に合ったデオドラント探しから始めてください。

 

デオドラントは高価だから優れているとは限らず、1,000円程度の価格帯でも十分な消臭作用のあるものが選べます。

肌に成分が長時間残るものが好ましいので、実際に色々と使用して試してみましょう。

制汗作用の高いものは体臭予防作用も高くなっており、衣服の黄ばみを抑えるためにも役立ちます。

 

デオドラントを使用する前には、陰部をよく洗浄しておくことが大切となります。

汚れを完全に除去することが大切であり、皮脂を完全に落としてもかまいません。

ベトベトがなくなるまで洗浄して放置すれば乾燥肌を招きますが、デオドラントで保湿すれば問題ありません。

デオドラント全般は臭いを抑えるだけでなく、保湿する作用にも優れているのです。

保湿は肌刺激を抑える役割があり、肌状態を安定させてすそわきがを予防してくれます。

 

すそわきがは体質によって発生する部分が大きいですが、体臭対策を徹底すれば医療機関に行かなくてもよいレベルまで抑えられます。

 

コメントは受け付けていません。