菜食中心の生活にしてすそわきがを抑える

脂肪が多いと皮脂腺から大量の皮脂が分泌され、臭いを強くしてしまいます。

ベタベタした臭いの汗が発生し、すそわきがの原因にもなるのです。

デリケートゾーンにはアポクリン汗腺も存在し、タンパク質を含有した粘度の高い汗が発生します。

 

野菜

菜食を中心にすれば体臭を軽減できるので、すそわきがに悩んでいる方は意識してください。

肉中心の食生活になっている方は、野菜の摂取量が少ないと考えられます。

1日350gの野菜を摂ることで、肉の摂りすぎを防ぐことができます。

日本人の健康維持のためには、肉より野菜を多く摂ったほうがいいのです。

野菜は血液を浄化してくれますし、体臭の元を減少してくれるメリットもあります。

 

最近のデオドラントはカバー力が高く、臭いを抑える力が強くなっています。

昔は発生した臭いに働きかけるものが主流でしたが、最近は臭い自体を抑えるものが増えているのです。

だしデオドラントが効果を発揮する条件として、肌を清潔にすることがあげられます。

すそわきがの場合も同様であり、毎日入浴してデリケートゾーンをしっかりと洗うことが大切となります。

 

同時に食生活を菜食中心にして、汗のベタつきを抑えていく必要があるでしょう。

汗がベトベトして粘度を持ってくると、非常に強い臭いを発することになります。

菜食中心にすれば臭い物質の摂取も抑えられるので、サラサラした汗に近づいていくわけです。

アポクリン汗腺が存在するすそわきがを解消するには、食事の最初に野菜を食べる習慣がおすすめです。

 

コメントは受け付けていません。